「加圧=きつい」イメージですが

・「BFR」とはBlood Flow Restriction=血流制限の略です。腕もしくは脚に加圧ベルトを巻き、血流を制限した状態でエクササイズを行うトレーニングです。ベルトで完全に血流を止めてしまう程強烈な締め付けつことはありません。「軽くしめられている」程度の圧で締めるので、「きつい」と感じることはありません。正確には80mmhgという圧で、血圧を測るのと同じように計ります。

こちらのベルトを使用します!

・最大筋力の20%程度の負荷でも成長ホルモンの分泌を促進できるとされています。軽い負荷でのエクササイズでも高い効果を得られます。

・トレーニング時間も5分程度の短時間でも効果があるとされおり、自宅で気軽にトレーニングに取り組めます。1日に行える時間の制限がありますが、スタジオでのセッションでは、エクササイズを正確に行う練習を含めると、60分セッションを丸々BFRトレーニングとして受けていただくことも可能です。

BFRトレーニングの最大の魅力は成長ホルモンの分泌

・加圧ベルトを巻いた状態で筋肉が収縮し、ベルトを緩めることで、脳の下垂体と呼ばれる場所から「成長ホルモン」が分泌されます。
・成長ホルモンの分泌は成人を迎えると、急激に低下してしまいます。
・成長ホルモンと聞くと「子供の身長を伸ばすためのもの」と考える方が多いと思いますが、大人になっても必要なものですので、ぜひ成長ホルモンを高める取り組みをしてください。

加齢にともなう成長ホルモンの量
BFRトレーニング協会HPより引用

成長ホルモンの効果

・血流や脂肪燃焼、組織の修復を促進
・それにより「ダイエット・ボディメイク」「美容・アンチエイジング」「筋力強化」「疲労回復」などを効率良く行うことができます。
・様々な目的で普段行なっているトレーニングを「効率良く」「効果を上げる」ことができます。

成長ホルモンが低下すると

・心疾患や糖尿病のリスクが高くなる。
・内臓脂肪が増え肥満になりやすい。
・骨が弱くなる。
・筋肉が弱くなる。
・皮膚がカサカサしやすくなる。
・精神的に不安定(落ち込み、不安、イライラ)になりやすい。

なぜダイエット・ボディメイクに最適?

成長ホルモンは「ホルモン感受性リパーゼ」という酵素を活性化し、それにより「脂肪の合成を防ぐ」「脂肪の分解を増やす」効果があるとされています。
ボディメイクの為のエクササイズにプラスすると、より効果的に引き締めることが可能です。

脚や二の腕を細くすることも可能!

 加圧ベルとを巻いていると「筋肉が大きくなりそう」「脚や腕が太くなりそう」などのイメージを持つ方も多いと思います。
 もちろん、筋肉を大きくすることも可能ですが、「細くする為のエクササイズ」を加圧ベルトを巻いて行うことで、引き締める事を目指せます!

週1回から始めましょう

 トレーニングで高い効果を得るには頻度が多いことに越したことはありません。
 しかし、普段運動に慣れていない方がいきなり毎日や週4〜5回の頻度で取り組もうとすると、体力面・精神面どちらも大変になってしまいます。
 まずは体験セッションを受けていただき、2〜3か月は週1回のペースで行いましょう。
 慣れてきて「続けてみよう!」と思った方には、ベルトを購入していただき自宅でのトレーニングに取り入れていただいております。